お知らせ

 
                
     スマートフォンはこちら
 

プラグイン

PDFファイルをご覧いただくには,
Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は,下記より
ダウンロードの上ご覧ください。
 

日誌

令和元年度
2020/02/14

探究科 課題研究発表会(1,2年)を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
1月31日(金)2年生,2月14日(金)1年生の探究科はそれぞれ校内課題研究発表会を行いました。

2年生は約1年半をかけて続けてきた研究の成果を発表しました。
指導助言者として三好市政策監の横山喜一郎様,徳島大学総合科学部教授矢部拓也先生をお招きしました。
研究テーマは阿波踊り,ペットボトルロケット,方言,プログラミング,名付けの背景,妖怪,そして観光と多岐にわたります。
どの研究も工夫を凝らし,考えられたものばかりでした。



1年生は半年間の研究の成果を中間発表として発表しました。指導助言者として徳島大学総合科学部教授矢部拓也先生,三好市ジオパーク地質専門員殿谷梓様をお招きしました。
1年生は山城町のたぬき,林業,イベント企画,ミミズ,買い物弱者,育児の環境,移住,方言の8つのグループに分かれています。
研究はまだまだ始まったばかりなので,頂いたアドバイスを次年度の活動に行かしていく予定です。



御観覧・御指導いただきました皆様,地域の方々,保護者の皆様方,お忙しい中ありがとうございました。
09:02 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/02/12

にし阿波の魅力を世界に発信!

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科

第1回全国高等学校グローバル観光コンテスト(インバウンド部門)に参加しました。


「地域観光」をテーマに課題研究を行なっている探究科2年の2チームが予選通過し,
PR動画を制作しました。


惜しくも決勝大会ノミネート作品には選ばれませんでしたが,
地元の魅力を世界に発信したい!という想いの込もった作品に仕上がりました。

撮影にご協力頂きました地元の皆様,本当にありがとうございました。

YouTubeで2作品を公開中です。
ぜひご覧ください!

 


ようこそ四国のへそへ!にし阿波の秘境の旅
~時をさかのぼり、山に囲まれた暮らしを一緒にしてみませんか?~

https://www.youtube.com/watch?v=qUrrkIlruHs


夏祖谷、ええとこあるでないで!
~クセになる人 クセになる町 クセになってみんで!?~

https://www.youtube.com/watch?v=zKUon0YB-xo

 


 


16:21 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/01/30

1年生校外研修に行ってきました(香川方面)

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
1月30日(木)1年生探究科が香川方面に校外研修に行ってきました!
午前中は公益財団法人セカンドハンドの林香子さんによる講義とワークショップです。
エクアドルで青年海外協力隊として活動された林さんは,現地の子どもたちとの活動の様子や大変だったこと,そして国際協力のために必要なことを,隊員当時の写真を見せてくれながら説明してくださいました。
そして後半は「SDGs」をテーマにワークショップを行いました。
事前に調べてきたニュース記事をもとに,SDGs17項目の目標に照らし合わせて関連性を考え,気付いたことをグループで共有し合います。


最後は2030年がどんな世界になっていてほしいか,そしてそのために自分ができることは何なのかを考えました。

午後はオリエンタルモーター株式会社高松国分寺事業所に訪問しました。
会社説明のあと,シャーペンデモ機の実演,そして従業員の皆様に教えて戴きながら実際にステッピングモーターの組立を行いました。
「どうしてこんな形をしているのですか?」
「この部品はどんな意味があるのですか?」
といった生徒の疑問にも優しく応じてくださいました。



最後は製造フロアの見学へ。
ここでも従業員の皆様が一つ一つ丁寧に説明をしてくださりました。
モーターについてあまり知識がなかった生徒も今回の研修をきっかけに興味を持つことができたようです。

セカンドハンドの林さん,オリエンタルモーター株式会社の皆様,
本当にお世話になりました。
11:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/01/29

妖怪紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科

のびあがり
 
 「夜道を歩きよったらのびあがりがでるぞよ!と年寄りからおどされた」

 「妖怪名彙」では、「伸びあがり、見るほど高くなっていくと家には入らなんだ」

 「全国妖怪図鑑」では、道の怪でおぶってくれと泣きつくものといい、こなきじじいに
 似ています。

  引用;妖怪村伝説 おとろしや

 

・龍神 ときに乙姫

  

 歩危のヤマヂチが息絶える寸前、己の悪行を反省したのか、最後の力を振り絞り、
 周りの山々に向かって叫びました。

  「中津山の太郎坊!国見山の次郎坊!野鹿池山の乙姫―!お前らも人に害をしては
 いかんぞー!」

 すると、中津山の太郎坊に国見山の次郎坊は

 「おー!わかった」

 と答えたのですが、野鹿池山の乙姫は返事をしなかったといいます。だから、
 いまだに野鹿池には不思議なことが絶えず、
 人々は龍神でもある乙姫を恐れ敬い、春秋の祭りを欠かさず続けているのです

 以上は「歩危のヤマジチ」話の最後の下りです。

  「太郎坊」は天狗の高位を示す名前で、「次郎坊」は次の位の名前です。いずれも
 山岳信仰や修験道での呼びならわしです。
 野鹿池の主は、地域を守護し、幸せをもたらす神としての権威を持っていたので、
 世介護時に返事をすることもなかったのでしょう。

 引用 妖怪村伝説 おとろしや

 

・首切れ馬

 
 四国全域に広く伝承されている路上の怪。県下では特に吉野川流域にその伝承が
 多く聞かされる。首のない馬で、じゃんじゃんと鈴の音を鳴らしながら特定の道
 筋を走るとされている。美馬市美馬町では、節分の夜に首切れ馬が三つ辻を走る
 とされ、その際に干し葉のようなものを引いているが、これは分限者の銭が入った
 瓶で、首切れ馬が通った時に飛びつけば分限者になるといわれている。また、
 着物の片袖」をかぶってみると、首切れ馬が通るのがわかるという。

 『美馬の民族 前編』

 

・こなきじじい

 
 こなきじじいは、昭和十二、三年以前に、元多度津町長の武田昭さんが、山城町
 で聞き取りし「山村語彙」にまとめたものを、柳田國男が「妖怪語彙」に収録し
 たもののひとつです。水木しげるさんのマンガ「ゲゲゲの鬼太郎」では、鬼太郎
 軍団の一人として大活躍しています。

 「妖怪語彙」では、「阿波の山分の村々で山奥にいるという会。形は爺というが
 赤子の鳴き声をする。赤子の姿に化けて山中で泣いているともいうのはこしらえ
 話らしい。人が哀れに思って抱き上げると俄(にわ)かに重くなり放そうとしても
 しがみついて離れず、しまいにはその人の命を取るなど、ウブメやウバリオンと
 近い話になっている。」とあります。

 こなきじじいを記憶していた上名の故平田五郎さん、その弟さんの辰一さんや、
 親戚の松本実さんの記憶では、重くなって人を死なせるとは聞いてないといい
 ますし、武田昭氏も「赤子の鳴き声をまねる怪」とのみ書いています。

 いま、藤川谷の名水地蔵の脇には、水木しげるさんの揮毫入りで2001念に
 建立された「児啼爺像」が、伝承地あざみのたわには、直木賞作家京極夏彦さん
 揮毫による「兒啼爺発祥の地」碑も建ち、JR大歩危駅や、道の駅大歩危の
 「妖怪屋敷」にも、児啼爺木像が地元住民の手で刻まれるなど、こなきじじいは
 「山城大歩危妖怪村」のシンボル的存在となっています。

 引用:妖怪村伝説 おとろしや

 

・ヤマジジ

 
 昭和9年生まれのOさんが子供の頃、藤川谷の奥の通称マメアレという所へお父さん
 の山仕事について行った時の話。

 弟と川遊びをしていたら山の上から草を分けて、Oさん達と同じくらいの背丈で頭に
 ハゲのある子供やら年寄りやら分からないのが下りてきた。裸の背中はミノか毛の
 ような物で覆われていたそうだ。

 水をかけあったりして遊んだが一言も喋らず、しばらくするともと来た山を上がって
 行ったのでお父さんに今のは何ぞと聞いたら

  「ありゃヤマジジじゃ」

 と答えた。

 (山にはそんなもんがおるんじゃなぁ)

 と思ったが怖いとは感じなかったそうだ

 引用:http://yamashiro-info.jp/youkai/kamimyou3.htm

 

・犬神

 上名平の平賀神社にある狼の脇社のいわれは神社近くに出た狼を撃ち殺すと村に
 凶事が続いたのでこれは村の守り神だったのかもしれないと祠を作って祀ったと
 伝えられている。また犬神憑きの話しもある、徳島県では「犬神」は代々女性に
 伝わり15才になると母親から娘に伝えられ犬神憑きの血筋は相手に対し犬神を
 憑けて呪う、と言われている。

 引用:https://oobokeyoukaimura.localinfo.jp/posts/5698932?categoryIds=1761178

 

・ヤマジチ(水無集落)

 
 ある日水無にヤマジチとよばれる大男がやってきて村人5人と犬2匹が殺された。

 香川からやってきた山伏と呼ばれる男が退治しようと申し出た。

 退治をするために村人に川に行ってもらい白い石を拾わせ餅と一緒に焼かせた。
 その餅と石をヤマジチに食べさせ殺したが、翌朝村人達が岩屋へ向かうとそこには
 喉を真っ赤に焼かれて死んだヤマジチとヤマジチの毒気にあたって息絶えた山伏の
 姿があった。

 

・鬼子

 山城のある夫婦が産んだ子供につのが生えており鬼のような見た目であった。

 その子供はご飯をよく食べ、知らぬ間にどこかへ行ってしまった。

 

・長足

 
 特に害はない妖怪。足の長い巨人の伝説。

 

・くわん淵の主

 今はほとんど残っていないが妖怪街道にくわん淵と呼ばれる淵があった。

 ある日若い女性が歩いており侍と名乗る男性と出会った。その二人は互いに
 惹かれあい良い関係を作った。だが侍は大蛇に化けておりその女性をくわん淵
 に引きずり込んだ。

 引きずり込まれた女性は子供を生んだのだが、その子供は人間ではないドロドロ
 としたものであった。

 

・山伏

 水無集落にヤマジチと呼ばれる大男がやってきて、その大男を退治しようと
 申し出た香川からやってきた男のこと。

 

・一つ目入道

 ある日、貧乏な医者が来診を頼まれたのは身長2m以上の一つ目入道。しかし、
 見た目のわりにおとなしいときた。やがて始まった豪勢な宴で、医者は勧められた
 ままに酒を飲む、そして目が覚めると自宅にいた。妻に聞くと、なんと鬼たちが
 駕籠で送ってくれたという。

 

・カワミサキ

 七人みさきは一種の霊魂と考えられていて、川ではカワミサキ、山ではヤマミサキ、
 道ではドウロクジンだともいう。あるいは、鳥のように飛ぶ神だともいう。
 川へ行って急に疲労を覚えたりするとカワミサキにつけられたという。

 引用:怪異・妖怪伝承データベース http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/1231255.shtml

 

・赤子淵
 

 赤野谷奥魚返り淵の上は人が通ると赤ん坊の泣き声が聞こえて来たと言われている。

  声をたどって淵に下りてみても誰の姿も見あたらない。

 引用:http://yamashiro-info.jp/youkai/kamimyou2.htm

 

・ヒダルガミ

 ヒダルガミは山道で飢えや疲労、脱水などで死んだ者の霊。

  粟山のヨソグチからアキン谷を登りカジョウガ峰を越えるあたりでは米一粒、
 水一口でも持っていないとヒダルガミに取り憑かれて一歩も歩けなくなるそうだ。

 引用:http://yamashiro-info.jp/youkai/awayama.htm


17:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/12/18

冬のオブジェ出店&アンケート調査

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
11月30日(土)阿波池田駅近くにあるへそっこ公園にて,
池田冬のオブジェが開催され,1年生探究科の生徒が出店させて頂きました。

生徒たちは,課題研究で「徳島を盛り上げるイベントを!!」を考えています。
そこでまず地元のイベントで出店して,参加している人たちにアンケートをとることにしてみました。
出店にあたって,何を販売するか,どのように楽しんでもらうかを話し合い,
最終的に「手作りクッキー」とLEDイルミネーションにかけて「LEDキャンドル」を販売することにしました。


あわせてアンケート調査も行いました。



クッキーは見事に完売!!
アンケート結果を基に,これからどんなイベントを企画していくのか
楽しみです!!!
19:10 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/12/18

1年生探究科 今久保集落周辺フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
8月29日,1年生探究科の男子3名が立教大学の大学生とともに今久保集落周辺のフィールドワークに参加しました!!
立教大学の学生の皆さんは,にし阿波の観光地域をフィールドとし,
ゼミの一環で三好市に訪れているのだそうです
今回,その一部のプログラムに参加させて頂きました。







今回の参加にあたり,ご協力頂きました立教大学のみなさん,そらの郷のみなさん,本当にありがとうございました。
18:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/18

1年生探究科 野村総合研究所の方々による出前授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
11月13日(水),1年生探究科を対象に野村総合研究所(NRI)の方々による出張講義を実施しました!!
NRIの方々が三好市にサテライトオフィスを開設されているということで,
昨年度に引き続き本校で出前授業を実施してくださいました。

まずは,「野村総研って何してるところ??」「なぜ三好市でサテライトオフィス?」,「システムエンジニアってどんな仕事??」といった説明をして頂きました。


真剣に生徒は聞いています・・

その後はVRの体験,iPadを利用した可動式遠隔操作コミュニケーションツールの体験をさせて頂きました。
遠隔操作コミュニケーションツールを使って,東京へ修学旅行中の探究科2年生とつなぐというサプライズも・・・。


その後は「IT戦略プログラム」の体験をしました。
グループに分かれて,どのような情報システムを使えば,
コンビニの利益を上げることができるのかを考えました。



今回の体験によって,システムエンジニアという職業に興味を持った生徒も
多く,進路を考える上でも有意義な時間になりました。
野村総合研究所の皆様,ありがとうございました。
10:02 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/11/28

台湾の留学生との交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
7月26日(金),台湾からの留学生が三好市に!ということで,
本校に立ち寄って頂き,1年生探究科生徒と交流会を行いました!!



日本のお菓子,台湾のお菓子を食べながら,お互いの国のことについて
話をしています・・・。



最初は緊張していましたが,日本語や英語だけでなく,
身振り手振りを交え,楽しそうに話をしているようです!

交流会を終えた後の生徒の感想には,やはり語学の大切さを実感したとのこと・・・
短い時間でしたが,留学生の皆さんありがとうございました!!
13:42 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/11/28

1年生 香川大学訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
6月25日(火),香川大学経済学部と創造工学部へ訪問してきました。
(更新が遅くなってしまい,申し訳ありません。)

経済学部では,学部の概要説明と模擬授業を体験。



経済学部の詳しい説明を聞きました。
その後の模擬授業では統計学を学ぶ上で,
高校数学を理解しておくことが大切だということ教えて頂きました。

創造工学部でも学部全体の説明に加えて,
私たちの生活に大きな変化をもたらした青色はLEDの開発についてのお話を聞きました。


その後は研究室訪問へ・・・





高校に入学して初めての校外研修。
大学というものに初めて入ったという生徒もたくさんいる中で
貴重な経験をさせて頂きました。
香川大学の皆様,ありがとうございました。


13:36 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/11/20

探究科1年 RESAS出前講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:探究科
6月18日(火),県庁より講師の方をお招きし,
RESASに関する出前講座を実施しました。


「RESASとは??」,「どういったデータがあるのか?」,
「RESASを使ってどんなことができるのか?」
といったことをわかりやすく教えて頂きました。
その後,実際にRESASを使ってみました。



講師の先生方,ありがとうございました。
18:12 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)