TEL&FAX

-全日制-
TEL 0883-72-1280
FAX 0883-72-1282

-定時制-
TEL 0883-72-1312
FAX 0883-72-1324
電話は昼間は事務室につながり
ますが夕方以降は定時制に直接
つながります。FAXは定時制に
直接届きます。
 

プラグイン

PDFファイルをご覧いただくには,
Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は,下記より
ダウンロードの上ご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER429631

日誌

日誌 >> 記事詳細

2017/02/16

全国学芸サイエンスコンクール金賞選評と生徒の喜びの言葉

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭
 本日,旺文社事務局より,『第60回全国学芸サイエンスコンクール金賞作品集』が贈られて参りました。審査員の選評を御紹介します。

 ●選評
 この作品は,徳島県教育委員会が主催する「NIPPON」探究スクール事業の実施校となった徳島県立池田高等学校の歴史研究グループ7人のメンバーによる共同研究である。事業の趣旨に沿って地元地域における養蚕の歴史を掘り起こし,日本近代産業史の中に位置づけた。かつて養蚕が盛んだった時代を知らない世代である高校生が,その疑問を文献調査や聞き取り調査を重ねて解決していった過程は,論理的であり,十分な考察が行われている。また,仮説を実証していくなかで,地域の養蚕信仰や習俗の有無について論証しきれないことに直面した事実も顕在化したが,それに対しては複数の寺社の伝承から仮説の妥当性に言及している。そして最終章では,蚕糸業を通して過去の歴史から未来へつなぐ地方創生の提言が盛り込まれている。全編を通して仮説の提示,実証,結論そして将来への展望がバランスよく叙述されており,金賞に値するものと判断した。
      
 ●生徒の喜びの言葉
 この度は名誉ある金賞及び学校特別奨励賞をいただけることになり,メンバー一同大変喜んでいます。
 私たち池田高校探究科では,県教育委員会から指定を受けた「NIPPON」探究スクール事業において,主に歴史的側面から県内の蚕糸業について探究してきました。探究を進める中で多くの方々に出会い,貴重なことを学び,気づくことができました。
  歴史を学ぶにあたり,資料はなくてはならないものだということ。また,調べても調べても,答えがない場合が多いということを実感しました。さらに,歴史を学ぶというのは過去の歴史的事実を覚えるのではなく,未来につなげなければならないということです。そこで,私たちは地方創生シンポジウムを開催したり,三好市議会主催の高校生議会に参加して質問したりするなど,地方創生の観点から,学んだ成果を未来にどう活かしていけるか探究しました。
 私たちの探究はまだまだ始まったばかりです。今回の受賞を糧にして,それぞれがそれぞれの道を歩む中で,学んだことを活かしていきたいと思っています。ありがとうございました。
     (旺文社『第60回全国学芸サイエンスコンクール金賞作品集』より)

17:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)