TEL&FAX

-全日制-
TEL 0883-72-1280
FAX 0883-72-1282

-定時制-
TEL 0883-72-1312
FAX 0883-72-1324
電話は昼間は事務室につながり
ますが夕方以降は定時制に直接
つながります。FAXは定時制に
直接届きます。
 

プラグイン

PDFファイルをご覧いただくには,
Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は,下記より
ダウンロードの上ご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER429633

日誌

日誌 >> 記事詳細

2017/02/09

お世話になった皆様へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭

  この度,私たちの研究が旺文社主催第60回全国学芸サイエンスコンクールにおいて,旺文社赤尾好夫賞(金賞)並びにフジテレビ学校特別奨励賞をいただけることになりました。私たちは,探究活動を進めるなかで,グンゼ博物苑の天橋歩美さん,阿波市農業振興課参与坂口英則さん,県立文書館課長補佐金原祐樹先生,美馬蚕糸館前田豊太郎さん,東みよし町秋田淳子さんをはじめ,多くの方と出会い,御指導いただき,貴重なことを学ぶことができました。
 これまで2年間の研究で,大きな歴史の流れを背景とし,養蚕も形を変えながら現代に生きていることを発見しました。地域に出向いての聞き取り調査では,農家の方々から,文献ではわからない貴重なことをたくさん教えていただくとともに,時代に抗いながらも養蚕を守り続けようとする熱い思いに触れることができました。
 近年,富岡製糸場が世界遺産に登録されたこともあり,養蚕に対してその価値が見直されています。養蚕は,世界で日本がリードできる分野であり,現在では製糸業にとどまらず,食品に使われたり,医療や医薬品などの最先端技術に使われたりしています。ただの文化財として終わらせてしまうのではもったいないと実感しました。私たちは,このような素晴らしい文化を生み出した郷土徳島を世界に発信していきたいと思い,シルク資源の活用や体験型観光プランの提供などを高校生議会で提案させていただきました。
 私たちの研究が全国という大きな場で認められたことをうれしく思いますが,それ以上にそれぞれが目標を持って探究を深めたことで大きく成長し,郷土徳島に誇りを持てたことが一番の成果です。
 私たちの研究が少しでも地方創生に役立ち,多くの人たちが養蚕にふれ,徳島や三好地域の素晴らしさを理解してもらえることを願っています。このため,私たちはつねに地域を意識しながら様々なことを深く学び,行動するよう心がけたいと思っています。
  最後になりますが,今回いただいた賞は,私たちの探究に協力してくださったすべての方々の熱い思いに対するものだと確信しています。本当にありがとうございました。
  平成29年2月10日 

                     徳島県立池田高等学校2年探究科
                                                               「NIPPON」探究スクール事業研究班一同

【MEMORIAL PHOTOS】
 
  坂口さんをお招きして                金原先生による講義
 
  マルベリー試食会     新居正勝さんの養蚕教師についてのお話
 
  東みよし町昼間にて    グンゼ博物苑(京都府綾部市)見学
 
 地方創生シンポジウム開催        三好市主催高校生議会にて政策提案
 
 あわ教育発表会で報告   「NIPPON」探究スクール事業生徒活動発表会


18:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)