TEL&FAX

-全日制-
TEL 0883-72-1280
FAX 0883-72-1282

-定時制-
TEL 0883-72-1312
FAX 0883-72-1324
電話は昼間は事務室につながり
ますが夕方以降は定時制に直接
つながります。FAXは定時制に
直接届きます。
 

プラグイン

PDFファイルをご覧いただくには,
Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は,下記より
ダウンロードの上ご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER620415

日誌

日誌 >> 記事詳細

2017/03/14

活動報告14 全国学芸サイエンスコンクール表彰式

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭
 3月10日(金),「NIPPON」探究スクール事業研究班を代表して,米澤冬斗君と谷口日菜子さんの2人が,表彰式に参加してきました。当日朝5時15分にJR阿波池田駅に集合,高松空港から航空機で羽田空港に向けて飛び立ちました。会場のホテルオオクラ東京には少々早めの11時30分頃到着しました。
 表彰式会場となるB2Fのアスコットホールに入った途端,リーダーの米澤君が緊張感が一気に高まり,顔面蒼白・・・。谷口さんが,傍らから米澤君を励まします。
 12時30分、表彰式のリハーサルが始まりました。14時から表彰式本番がスタート。式は,フジテレビの小澤陽子アナウンサーの司会で進行します。旺文社社長生駒大壱氏の挨拶では,ここに集まってきている人は,全国127,533編から選ばれたのであり,60回という伝統ある賞を受賞したことを誇りに思ってほしいというお言葉を述べられました。
 次いで、元文部大臣有馬朗人氏の挨拶では,学業以外の余計なことの中に何が出てくるか,コンクールという大きな尺度の中で他と競い合う経験の成果は必ず残っていく,今回の受賞を次の新しいことへとつなげていってほしいというお言葉をいただきました。
 そして,表彰へと移ります。私たちは,同コンクールの人文社会科学研究部門金賞と優れた作品を応募した学校に贈られるフジテレビ学校特別賞をダブルでいただきました。
 表彰式に続いて,記念パーティでは,他校の生徒とも交流を深めることができました。実り多い一日でした。
 【米澤君と谷口さんの感想】
 自分たちの探究成果が全国で評価されたことはうれしい。他校の人と話ができて視野を広げることもできた。苦しかった思い出や苦しかったけど、貴重な発見ができた感激が走馬燈のように思い出される。パーティーで出ていたドリアがおいしかった。
 
11:06 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)