日誌

探究科1年生でハテナソン(ワークショップ)を行いました!

ハテナソン共創ラボ代表理事で,京都産業大学教授の佐藤賢一先生をお招きし,『池田高校第1回ハテナソン』を実施しました。

ハテナソンとは,ハテナ(?)とマラソンを組み合わせたオリジナルの言葉です。
一人一人の発想が尊重される民主的ルールのもとで行われる質問づくりの学びの場のことを意味します。

質問づくりのワークでは,問われたら「答える」だけでなく,その問いについて「さらに問う」ことができるようになろうと,メッセージをいただきました。

今後の課題研究の場面でも役立てて欲しいと考えています。